防疫・防災 AU222(Aegis-Ultraviolet 222)

Aegis Ultraviolet 222 (Care222)

空中浮遊する菌やウィルスさえも 効率よく不活性化できる 有人環境でも使用のできる UVC空間殺菌装置を実用化しました。また 本技術を使用した オンサイト・除菌クリーニングサービスも受け付けております。


こんなこと、お困りではありませんか?

  • 新型感染症が怖い
  • 陽性、濃厚接触者対策に非常にコスト・手間がかかり問題になっている
  • 薬剤アレルギーがある
  • アルコール消毒に不安がある、または手間が大変 (アルコールで除菌できないウィルスは多数存在します)
  • キーボード・電子機器など液体が使用できない部位の除菌
  • 受験時期などの感染症対策
  • 病院などの院内感染症対策
  • 避難場所等 人密集地域の環境安全確保
  • 未来に必ず現れる新ウィルスに対する不安

AU222の特徴

人体に無害な紫外線光を採用

最新鋭の科学、ウシオ電機株式会社の製造するCare222を採用・製品化いたしました。除菌力が非常に高いにもかかわらず、人体にはほぼ無害という 222nm波長のUVC光。 さらに余分な波長を除去するために光学フィルターを搭載し、非常に高い安全性を確保しています。 ウィルスを光で不活性化。 よって 光の届く場所なら、環境中に浮遊しているウィルス、付着しているウィルス共に効率よく、しかも瞬時に不活性化いたします。フィルターでは除去に時間のかかる空中浮遊菌も光で直接不活性化するので、感染リスクは大幅に減少します。



生体にさらなる安全を。有害波長を取り除く光学フィルター

222nmの紫外線は 除菌力が非常に強いにもかかわらず、かつ生体には無害と理想的な特徴を示します。 科学的論文も世界中で数多く発表されてます。 加えてさらなる安全性を確保するために 余計な光学成分を除去するフィルターを装備しました。 結果 米国で「紫外線被爆限界値」許容量値が、この技術特定において改定されました。 日本の規定も追って改定される見込となっている非常に安全な最新技術となります。



浮遊中の菌、ウィルスも 感染前にいち早く不活性化

感染を引き起こすメカニズムはたくさんあります, 接触感染、飛沫感染やエアロゾル(空気感染)。換気が対策の中でも効果的と言われるゆえんです。他の手法と違って 光に依る不活性化の仕組みは 空気中に浮遊状態でもいち早く不活性化できるところ。 フィルターでは除去できない時間帯においても効果的に菌を不活性化できて、感染の確率を大幅に下げると考えることができます。



除菌 オンサイト・クリーニングサービス

すでに感染者を出した設備、施設などに 本技術を使った「除菌サービス」を実施しています。空気的には「オゾン」を(無人環境)、 対物に関しては 本技術UVCを使って 丁寧に除菌いたします。 アルコール等では除菌できない難敵な菌も光なら確実に不活性化できます。 より確実で安全な方法と言えます。 要問い合わせ

実績紹介

工場施設内 空間殺菌装置AU222取付 クライアント 福岡県事業所 ポイント 工場内社員の感染症対策として設置 詳細(機材とか?) 空間殺菌装置 AU222を 工場通路出入り口に設置。 人感センサーモードで 時間指定照射 …

MORE »

Q&A

Q UVCによる空間殺菌装置? A 人体に無害とされている 222nm波長の紫外線を使用しております。殺菌力は非常に高いにもかかわらず、人体には無害と医科学的に証明されている論文が世界中で発表されている 全く新しい概念の …

MORE »